ラジエター

ラジエター(Radiator)とは、「放熱器」ともいわれる、熱交換器の一種である。

ひとつは、冷却水や潤滑油の冷却に用いられるもので、空冷式と水冷式がある。主に著しく熱を発生する装置、エンジンやギヤボックスなどの放熱用に使用される。作業上、水路と油路の誤接続を防ぐため、エンジンオイルやATFなどの水以外の熱交換器は、通常クーラー(オイルクーラー、ATFクーラーなど)と呼ばれ、区別されている。

もう一方は、離れた場所で加熱された媒体を放熱する、保温、暖房用である。表面積を大きくとった形状で、コルゲートタイプとフィンタイプに大別される。

ラジエータ、ラジエーターとも読書きする。なお、「ジ」を「ヂ」と記述することもある(例:ラヂエター)。

概要
水冷式エンジンを搭載する車種においては、エンジンで発生する過剰な熱を発散するための装置であり、アルミニウム製などのフィン付きの細管を多数並べた構造をしている。細管内部に冷却水を満たし、同じく冷却水を満たしたエンジンのウォータージャケットと接続して冷却水を循環することにより、エンジンの冷却を行う。




冷却水は加圧により100℃では沸騰しないようになっていて、より効率的にエンジンの冷却を行う。外気温が0℃を下回る環境では冷却水が凍結-膨張することで、ラジエターのみならず、シリンダーブロックをも破壊することがある。この対策として、冷却水にロングライフクーラント(LLC)や不凍液などを添加し、凍結を防止する。

冷却用ファンは気体の特性から、押し込み式に較べ、吸引式が効率に優れる。この場合も確実に吸引できるようシュラウド(覆い)の併用が望ましい。シュラウド後端からファンが顔を出すあたりに効率の良い範囲がある。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。